「先天性欠如歯」は早期発見が大切|歯科医師ブログ|港南台の歯医者 港南台パーク歯科クリニック

診療時間
月~金 9:00-13:00 / 14:00-18:00
土・日 9:00-12:00 / 13:00-16:00
休診日
祝日
診療時間
月~金 9:00-13:00 / 14:00-18:00
土・日 9:00-12:00 / 13:00-16:00
休診日
祝日

「先天性欠如歯」は早期発見が大切です

港南台の歯医者|港南台パーク歯科クリニック|「先天性欠如歯」は早期発見が大切|美しい歯並びで笑う女性

 

こんにちは。港南台パーク歯科クリニックです。
今回は「先天性欠如歯」についてお伝えします。

 

人間の歯の数は、乳歯で20本、永久歯では28本で、親知らずを含むと最大32本あります。
しかし、永久歯が生まれつき足りないことがあり、これを「先天性欠如歯」といいます。歯の先天性欠如は病気ではなく、形成異常の一つです。早期発見をすることで、今後の対応を考えることができます。

 

では、先天性欠如歯になる原因や、どのようなリスクがあるかなどをご紹介したいと思います。

 

 

①なぜ先天性欠如歯が発生するのか

永久歯の元となる歯胚(しはい)が、何らかの理由で作られないことで発生します。はっきりとした原因は分かっていませんが、以下のことと考えられます。

 

  • 遺伝
  • 歯の発育期における栄養障害
  • 感染
  • 外傷
  • 放射線障害
  • 内分泌障害
  • 風疹の罹患
  • 母親の妊娠中の栄養障害や梅毒 など

 

港南台の歯医者|港南台パーク歯科クリニック|「先天性欠如歯」は早期発見が大切|先天性欠如歯のレントゲン画像

 

港南台の歯医者|港南台パーク歯科クリニック|「先天性欠如歯」は早期発見が大切|先天性欠如歯の口腔内写真

 

 

②先天性欠如歯の発生確率

 

先天性欠如歯は、少数の歯が足りない「一部性歯牙欠如症」と、多数歯にわたり欠如がある「全部性歯牙欠如症(無歯症)」に分けられます。

 

では、どのくらいの確率で起こるのでしょうか。
2010年11月に行われた日本小児歯科学会の調査によると、約10人に1人という比較的高い確率で起こることが分かりました。

 

港南台の歯医者|港南台パーク歯科クリニック|「先天性欠如歯」は早期発見が大切|日本小児歯科学会の調査結果

出所:日本小児歯科学会学術委員会 日本人小児の永久歯先天性欠如に関する疫学調査より

 

③先天性欠如歯の発生部位

 

乳歯では上下顎乳側切歯(前から2番目の歯)、永久歯では上下顎第三大臼歯(親知らず)、次いで上顎側切歯(前から2番目の歯)、上下顎第二小臼歯(前から5番目の歯)、下顎中切歯(前から1番目の歯)などで、第一大臼歯(前から6番目の歯)が欠如することは稀であると言われています。

 

 

④先天性欠如歯が発生するとどんな影響があるのか

 

歯がない状態が長期間続くため、抜けた両隣の歯が倒れこんだり、噛み合うはずの位置の歯が伸びてきたりします。他にも、次のようなことが起こります。

 

・咀嚼障害
・歯列、顔貌への影響
・発音障害
・顎関節への影響 など

 

 

⑤先天性欠如歯の早期発見には

 

幼少期からの歯科検診が大切です。先天性欠如歯は、かかりつけの歯科医院や学校検診で指摘されるまで、本人や保護者も気づかないことが多いようです。

 

よって、かかりつけの歯科医院を見つけて診てもらうことをおすすめします。歯科医院でレントゲン写真を撮影して確認することで、歯の生え変わりが順調に進んでいるか、顎の骨に異常がないかなど、口の中全体の状態が分かります。定期的な確認は、生え変わりを予測・観察しながら、歯を健康に保つことに役立ちます。

 

港南台の歯医者|港南台パーク歯科クリニック|「先天性欠如歯」は早期発見が大切派を見せて笑う子どもの画像

 

また、乳歯の前歯に癒合歯(2つの歯が1つになっている歯)がある、奥歯が乳歯のままいつまでも残っている、両親のどちらかに先天性欠如歯がある場合は、先天性欠如歯の発生確率は高くなります。その他、乳歯がなかなか抜けない、永久歯が生えてこないといった場合も、先天性欠如が疑われます。

 

日頃からご自身の歯に関心を持つことも、早期発見の1つの手段と言えるでしょう。先天性欠如歯は長期的な治療計画が必要なため、「おかしいな」と思ったら早めに歯科医院を受診しましょう。

 

 

⑥先天性欠如歯の対策

 

本来抜けるはずの乳歯がまだ残っている場合、その乳歯は虫歯になりやすく、かつ進行しやすいため、将来的に虫歯が原因で歯を失うリスクも高いです。乳歯を抜けるまで残しておく場合は、歯科医院での定期的なケアと管理が大切です。

 

もし乳歯が抜けてしまったら、下記の治療を行うケースが多いです。

 

・補綴的治療…ブリッジ、インプラント、入れ歯で永久歯がない部分を補う
・矯正治療…矯正治療をすることにより、永久歯がない部分のスペースを閉じる
(永久歯の先天性欠如が6歯以上だと、保険適応になります)

 

先天性欠如歯に適切な対応をすることは、安定した噛み合わせを作り、よく噛める歯にするには、必要な手段です。

 

このブログを見て「もしや先天性欠如歯…?」と疑うことがあれば、ぜひご相談ください。

 

港南台パーク歯科クリニックでも月に一度、矯正治療の専門医による、歯科矯正相談を受け付けております。できるだけ早く発見し、治療計画を立てていきましょう。ご来院をお待ちしております。

 

 

下記のページもご参照ください。
港南台パーク歯科クリニック|小児歯科
港南台パーク歯科クリニック|矯正治療
港南台パーク歯科クリニック|噛み合わせ・マウスピース

 


港南台パーク歯科クリニックグループのご紹介

  • みらい歯科<本院・研修センター>みらい歯科
    <本院・研修センター>
  • 馬車道アイランドタワー歯科馬車道アイランドタワー歯科
  • 恵比寿デンタルクリニック東京恵比寿デンタルクリニック東京
  • みらい歯科港南台診療みらい歯科港南台診療所
  • 国立緑歯科クリニック国立緑歯科クリニック
  • せたがや歯科室せたがや歯科室
  • 銀座みらい歯科銀座みらい歯科
  • 再生医療審美インプラントLabo再生医療審美
    インプラントLabo
  • 提携技工所有限会社デンタルビジョン有限会社デンタルビジョン